Growth Hack Engineering

- 成長は作れる -



グロースハックエンジニアリングとは?

グロースハックエンジニアリングは「成長を促進する技術者」です。

「グロースハック」というフレーズは2010年に投資家のSean Ellisによって創られました。 グロースハッカーが行うすべての決定は、どの程度成長できるかを指標にしているため、すべての戦略、あらゆる戦術、遍くイニシアチブは、成長することを前提としています。

成長とは、私達が世界の中心として捉えるものです。


世界をグロースハック

20世紀は資本主義の時代でした。次の時代は、人と物との関わりが「所有」から「アクセス」へと変わり高効率と持続可能な社会を同時に実現するシェアリングエコノミーの時代です。

その変化の鍵となるのはあらゆる物を数値化し、測定可能な状態にすることです。

グロースハックエンジニアリングの目標は、テクノロジーの力を通じて、「すべての物を数値化し、成長させる」ことです。


主な事業内容

インターネット等での情報サービス、インターネット関連事業、ソフトウェアの企画・研究・設計・開発・製造・販売


スキル

これらは私達の業務スタイルを表すためのキーワードです。

機械学習 AIによるオプティマイゼーション
Iot 状態の可視化
データドリブン 数値データに基づく判断
リーン開発 最小限で開発を始める
User Oriented ユーザ指向
パレートの法則 8割ができる2割を捉える
Zero to One 模倣より独占
DRY データの徹底的な効率化
Just for Fun 楽しむことが原動力

組織図

グロースハックエンジニアリングはテクノロジーによるイノベーションによってより良いサービスが生まれるだけでなく、すべての人々にとってより良い世界になると信じています。